映像制作会社へ転職する方法を徹底解説!

TYOの就職・ES・面接・選考情報を徹底解説!新卒採用・就活情報まとめ【選考フロー・早期選考】

広告制作・映像制作会社のTYO(ティー・ワイ・オー)は国内広告映像制作最大手のAOI TYO Holdingsの中核企業で、有名なCMを数多く制作していて、多くのクリエイティビティ溢れるPMやプロデューサー、ディレクターが所属しています。

TYOの新卒採用には、全国から映像業界を志す学生が集まり、毎年倍率が高く難易度が高いので、内定獲得には十分な企業研究と選考対策が必要です。この記事では内定に向けて必要な情報をまとめていくのでぜひチェックしてくださいね!

CM Pro編集部オススメの自己分析ツール

適性診断AnalyzeU+本格的な自己分析をしたい人にオススメ)
キミスカ適性検査正確な自己分析をしたい人にオススメ)
就活伸びしろ診断スピーディーな自己分析をしたい人にオススメ)

TYOの企業研究

TYOは「クリエイターの、クリエイターによる、クリエイターのための理想の会社作り」という夢を掲げて設立された広告制作会社です。年間800本以上の映像制作を行い、エンターテイメント分野への進出やクライアント直接取引に業界でいち早く取り組むなど時代に合わせた柔軟な経営を行う挑戦的な会社です。

TYOの会社プロフィール

2017年にAOI Pro.とTYOの経営統合により発足したAOI TYO Holdingsの中枢企業です。ホールディングス全体で売上高は約500億円で大手映像制作会社のうちの1社となっています。

創業年1982年
AOI TYO Holdings 売上510億8754万4000円 (2020年12月)
従業員数284人 (2021年1月)
代表早船浩
オフィス東京都港区赤坂2-14-5 Daiwa赤坂ビル 5・6F
東京都港区虎ノ門5-12-11 NCOメトロ神谷町 6・7・8F
公式HPホームページ:https://tyo.co.jp
リクルートページ:https://group.tyo.jp/recruit/

企業理念

TYOへの内定で必ず理解しておくべきことの1つが「We drive emotions」という企業理念です。直訳すると「私たちは感情を駆り立てる」という意味になります。TYOが制作する広告や映像が持つクリエイティブの力で、人々の感情を揺さぶり、心動かしていくという思いが込められています。

この企業理念にはクオリティーの高い映像で人々の感情や価値観にも関わり、人々の生活を豊かにし、社会に貢献していくというTYOの想いも込められているのではないでしょうか。

2021年の組織改編以降は、新たにMission・Valueが策定されました。今回はMissionの「最高の制作チームで、 領域を超え、心を動かし、 「伝わる」ものを作りつづける。」をご紹介します。このMissionにはTYOが創業以来大事にしてきた「伝わる」を実現するため、常に考え、最高の制作を実現し、人の心を動かし、社会を変えていきたいという強い思いが現れています。

内定獲得には企業研究を徹底的に行い、TYOの理念・歴史・強み・弱み・成長性・社風などを理解しておくことが重要です。CM PROではTYOを徹底的に企業研究を行いました!TYOを志望している方は必ずチェックしておきましょう!

【2023年】広告制作大手TYOを徹底企業研究!【採用・事業・社風・強みなど徹底解説】

TYOの新卒採用情報

TYOでは3月から始まる早期選考、5月から始まる一般選考があります。PM職については3月の早期選考で内定者の人数が予定を超えた場合は5月の一般選考は行われません。志望している方は早期で選考に参加することがオススメです!

採用人数20名前後
採用職種プロダクションマネージャー
映像ディレクター
初任給240,000円
(時間外45h、深夜10hのみなし残業手当61,730円を含む)
インターン夏・秋
選考時期3月から2回選考あり
選考書類・課題・面接

TYOの初任給を解説!

TYOの初任給は240,000円です。みなし残業手当61,730円として残業代45時間分と深夜10時間分が含まれています。CM PROの調査ではTYO全体の平均年収は約500万円です。国税庁の民間給与統計調査によると日本の平均年収は461万円で、平均よりも高い傾向にあります。

TYOの採用大学を調査!

広告映像制作会社大手として日本全国の大学から採用が行われています。CM PROではTYOでは学歴フィルターによる選考は行われていないと予想します。過去採用大学の一例は以下の通りです。

愛知県立芸術大学、青山学院大学、学習院大学、関西学院大学、関西外国語大学、関西大学、九州大学、京都造形芸術大学、倉敷芸術科学大学、慶應義塾大学、甲南大学、神戸大学、国際基督教大学、城西国際大学、上智大学、成蹊大学、成城大学、玉川大学、多摩美術大学、中央大学、筑波大学、津田塾大学、帝京大学、東海大学、東京外国語大学、東京経済大学、東京芸術大学、東京工科大学、東京工芸大学、東京女子大学、東京造形大学、同志社大学、東北芸術工科大学、長岡造形大学、名古屋学芸大学、日本大学、フェリス女学院大学、法政大学、武蔵野美術大学、明治学院大学、明治大学、横浜国立大学、立教大学、立命館大学、早稲田大学 ほか

このように全国の様々な大学の学生が選考に参加して内定を獲得しています。TYOの社員の3割近くが芸術系学部の大学を卒業しているので一般企業と比べると多いですが、選考で学部で有利不利はありません。こちらの記事で詳しく解説しているのでチェックしてくださいね。

TYOの就職難易度は?

結論、TYOの就職難易度はかなり高いです。TYOは広告映像制作において日本で最大手の企業グループであるAOI TYO Holdingsの中数企業でトップレベルの実績や技術を持っているので志望する学生も多く倍率は特に高いです。

TYOの選考フロー

TYOの選考フローはES提出→課題提出→一次面接→二次面接→最終面接→人事面談となっています。業界・職種への理解、志望度などが重視されるのでしっかりと対策を行いましょう!

  • ES提出
  • 課題提出
  • 一次面接(グループ面接)
  • 二次面接(個人面接)
  • 最終面接(個人面接)
  • 人事面談

TYOのエントリーシートについて

過去のTYOの(エントリーシート)の設問をご紹介します。TYOのESは文字数が200文字と少ないことが特徴です。200文字という限られた文字数の中で一番伝えたいこと、自分の個性や魅力が伝わるように簡潔にまとめるようにしましょう!

  • 「周りの人と比べて「ここは人と違うな」という強み」
  • 「就職先を決める上で、最も重視する項目とその理由」
  • 「広告業界でプロダクションマネージャー(制作)を志望する理由」
  • 「TYOでやりたい事/成し遂げたいこと」
  • 「10年後の広告はどのようになっているか、あなたなりの意見」
  • 「その他、伝えておきたいこと(任意回答)」

また最後の任意回答の「その他、伝えておきたいこと(任意回答)」 は自由に伝えたい思いを書くようにしましょう!

TYOのES作成時のポイント

特にTYOの理念は理解しておきましょう。TYOが創業以来大事にしてきた「伝わる」を実現するため、常に考え、最高の制作を実現し、人の心を動かし、社会を変えていきたいという考えを自分に置き換えて、将来を考えましょう。

理念「We drive emotions」
Mission「最高の制作チームで、 領域を超え、心を動かし、 「伝わる」ものを作りつづける。」
Vison「多様な価値観が共存できる社会へ。」

TYOへの志望度がより説得力が強くなるようにESを書く前に企業研究も徹底的に行うことがオススメです!

【2023年】広告制作大手TYOを徹底企業研究!【採用・事業・社風・強みなど徹底解説】

提出前には大学のキャリアセンター・先輩・OB・友達などに添削を受けて意見をもらい、ブラッシュアップするようにしましょう!志望理由の書き方について解説した記事も参考にしてくださいね!

【就活】制作会社の志望理由!書き方・例文を徹底解説!【ES・面接】

TYOの課題について

エントリーシートと同時に課題提出が求められることもあります。内容は「これまでの学習や経験の中でPMとして大いに活かせること」をアピールすることです。

  • 「貴方のこれまでの学習や経験の中で「PMとして大いに活かせる」と思われることを1枚の画像+コメントや文章と併せて強くアピールしてください(A4)」

1枚の画像、文章、デザインなどを工夫して自分らしく魅力的に仕上げるようにしましょう!TYOのクリエイティビティ溢れる社風を意識して課題も自由に作ることがオススメです!

TYOの面接の雰囲気について

TYOの選考は学生が個性・魅力を最大限発揮できるようにフラットな話やすい雰囲気で行われます。学生の魅力を引き出すために様々な角度から質問がされますが、しっかりと落ち着いて答えることを意識しましょう!面接はクリエイティビティを大切に自分らしく楽しんでくださいね!

面接では逆質問の時間もあるので、企業研究をしっかりとして質問も考えておきましょう。

【2023年】広告制作大手TYOを徹底企業研究!【採用・事業・社風・強みなど徹底解説】

TYOの面接の服装について

TYOの選考はスーツではなく私服を指定されることが多いです。自分らしいリラックスできる服装を選ぶのがオススメです!広告制作会社の選考での服装を解説した記事も参考にしてくださいね!

広告業界・制作会社の就活 服装について徹底解説!【説明会・面接・インターン】

TYOの面接想定質問一覧

TYOの面接で過去に聞かれた質問内容を調査して想定質問一覧を制作しました。面接対策の参考にしてください。CM Proでは他にも面接対策の記事を公開しているのでこちらも参考にしてくださいね。

映像制作会社の面接質問まとめ!面接のポイントを徹底解説!

・自己紹介

・自己PR

・将来やりたいこと

・好きなCM

・学生時代のエピソード

・大学で最も学んだこと

・業界志望理由

・会社志望理由

・会社を知ったきっかけ

・興味を持ったきっかけ

・会社や社員へのイメージ

・社会人としての理想像

・説明会やこれまでの選考の感想

・今の大学に進んだ理由

・就職先の決め手

・理想のプロデューサー像について

・理想のPM像について

・PMと聞いて思い浮かぶ単語とその理由

・業界研究の方法

・競合他社と比較した会社の強み

・他社選考状況

・この業界は激務だけど自信はあるか

TYOの一次面接

TYOの一次面接は面接官2人(人事1人・現場社員1人)と学生2人のグループ面接です。

「自己紹介」「好きなCM」「PMの志望理由」など基本的なことを聞かれ、その後は面接官が気になったことを追加で聞かれるような形式です。志望度をアピールするためにも業界・職種への理解が重要です。しっかりと研究をしておきましょう!

プロダクションマネージャー(PM)とは徹底解説!広告映像制作のPMの仕事内容・就活・激務情報まとめ!

TYOの二次面接

TYOの二次面接は面接官3人(人事1人・現場社員2人)と学生1人の個人面接です。

質問は「業界と職種へのイメージ」「なぜ制作会社の中でもTYOなのか」「学生時代に頑張ったこと」などとESから気になったことを聞かれるようです。現場社員の役職はプロデューサー級となり鋭い質問が多くなります。深堀りにも対応できるように用意をしておきましょう。

「なぜ制作会社の中でもTYOなのか」という質問には明確にわかりやすく答えられるように企業研究を徹底的に行いましょう!

TYOの最終面接

TYOの最終面接は面接官4人(人事1人・役員3人)と学生1人の個人面接です。

「TYOでPMとして将来どのように活躍していきたいのか」という職種・企業への理解、将来に関することを多く聞かれます。スムーズに答えられるように準備しておくのがオススメです。役員への逆質問の時間も用意されているので質問も考えておきましょう。

最終面接前にはTYOの企業研究を改めて行い、これまでの選考を振り返るなど万全の準備をして行くようにしましょう!

就活を有利に進める方法

就活を有利に進めるには徹底的な自己分析が必須です。そこで自分の強みやアピールポイントがわかる無料の自己分析ツール適性診断AnalyzeU+」「キミスカ適性検査」「就活伸びしろ診断の同時利用がおすすめです!質問に答えていくだけで「性格傾向・思考力傾向・ストレス耐性・職務適性・人物像」などが結果として出てくるので、自分だけではわからなかった自分の強みやアピールポイントを発見できます!さらに複数のツールを併用することでより様々な観点で自分を知ることができて就活に役立ちます!

CM Pro編集部オススメの自己分析ツール

適性診断AnalyzeU+本格的な自己分析をしたい人にオススメ)
キミスカ適性検査正確な自己分析をしたい人にオススメ)
就活伸びしろ診断スピーディーな自己分析をしたい人にオススメ)

CM Pro.編集長 ことり
CM Pro.編集長 ことり

就活を有利に進めるには徹底的な自己分析が重要!無料で使えるとても役に立つ自己分析ツールなのでぜひ使ってみてくださいね!