映像制作会社へ転職する方法を徹底解説!

【業界研究】ポストプロダクション・通称ポスプロについて徹底解説!【大手ポスプロまとめ】

広告制作・映像制作業界に興味のある就活生の方の中には、映像編集・音声・カラコレなど撮影後の工程に興味がある方も多いのではないでしょうか?特に学生時代に映像制作経験がある方は自分の専門を仕事にしていきたい!という人も多いでしょう。

このような撮影後の編集などの作業を総称して「ポストプロダクション」、略して「ポスプロ」と言います。そこで今回は「ポストプロダクション」、略して「ポスプロ」について徹底解説していきます!

広告ができるまで!CM制作の流れを徹底解説!【PPM・ロケハン】
オススメ転職エージェント

マスメディアン
広告業界で人材育成などを行い60年以上の歴史がある宣伝会議グループの人脈や情報ネットワークを駆使して転職をサポート、業界の専門的な知識を持っていて未経験の方でも安心して利用できます。

マイナビクリエイター
大手人材会社のマイナビが提供するクリエイター向けエージェント、業界トップクラスの保有求人数と高い専門性で映像業界への転職サポートを受けることができます。

doda
パーソルキャリアが提供する大手総合型転職エージェント。求人数が圧倒的に多いことが特徴。転職活動の全てを専門スタッフがきめ細かいフォローをしてくれますよ。

ポスプロとは

「ポストプロダクション」、通称「ポスプロ」とは制作における撮影後の仕上げ作業の総称です。

しかし、ポスプロの作業は広告制作会社などでは行われず、専門とする会社に依頼することが一般的です。このようなポスプロ作業を専門とする会社のことも「ポストプロダクション」、略して「ポスプロ」と呼びます。

ポスプロの業務について

CM・Webムービー・映画・ドラマなど映像の撮影後の仕上げ作業を行います。担当する業務は映像編集・CG・音声・テロップなど幅広くそれぞれのプロフェッショナルが多く在籍しています。

専門職として職種別採用が行われることが多いのも特徴です。興味のある専門・業務があればさらに職種研究を進めていきましょう。

・映像編集
・CG
・VFX
・テロップ
・カラーコレクション
・MA(音声処理作業)

・アフレコ
・書き出し作業 など

その他にもビデオグラファーなど撮影に関する職種があることもあります。

制作会社との違い

AOI Pro・TYO・東北新社などの広告制作会社はプロデューサー・PMが最も多く所属していて制作全体を統括しまとめる立場です。実際の監督、撮影、照明、音声などは適切なスタッフを選定し社外からアサインすることが多く行われています。撮影後の作業も同様で適切なポストプロダクションが選定されスタッフがアサインされます。

もしも、映像制作の中で編集に携わりたい!など実際に手を動かす職種を考えている方はポストプロダクションの方が想像に近いかもしれません。

制作会社の中には社内にポストプロダクションの部門があったり、ポストプロダクション業務を行うグループ会社があることも多いです。

CM制作が得意な広告制作・映像制作会社84社まとめランキング【売り上げ・徹底比較】

ポスプロを行う会社について

大手から中小企業まで様々な会社があります。また一部の業務に特化している企業もあるなど種類も様々です。
今回は一般社団法人 日本ポストプロダクション協会の会員リストから大手企業を抜粋してご紹介します。

・IMAGICA Lab

・オムニバスジャパン
・音響ハウス

・キャプラ

・ソニーPCL

・デジタルエッグ

・博報堂プロダクツ RED HILL

・パナソニック映像

・ピラミッドフィルム PTHREE

・レイ

・レスパスビジョン

・STUD

・TREE Digital Studio

・jitto など

ポスプロのやりがい

関わった作品が多くの人々に届くこと業務を通して自分自身の成長を実感できた瞬間指名されるようになった時などをやりがいとしている方が多いようです。

ポスプロでのキャリア

入社後は研修期間に基本的なビジネスマナーなどを学び、その後は現場で実践を伴う実習を行い、先輩のアシスタントとして業務を行い、数年でメインで業務を行えるように成長していきます。

一方でキャリアを踏んでステップアップをしていくという職種ではないため、常に技術を伸ばしスキルアップをしていくことが重要になります。

ポスプロで正しい映像の知識を学び、百戦錬磨の先輩から知見を吸収して一人前のクリエイターになれば、独立してフリーになるという道もあります。

ポスプロは未経験でも入社できる?

映像経験の有無は基本的には関係ありません。一般大学、体育大学、音大の方なども多く活躍されています。入社後は専門学校、美大、映像系大学卒業の方でも業務を通して新しい知識を得ることばかりです。

1人で黙々と作業するイメージを持たれている方も多いかもしれませんが、クライアント・代理店・制作会社などが作業に立ち会ったりすることも多く、コミュニケーション力や専門技術を説明できる知識も必要な仕事です。

自分の得意分野を伸ばし、個性・感性・やる気・忍耐力・熱意を磨いて選考に臨みましょう。

ポスプロは激務?ブラック?

大手の会社ではシフト制で勤務が行われています。時間管理がされ徹夜続きで何日も帰れないということは減ってきているようです。しかし、納期が近い時・繁忙期は長時間労働になりがちでプライベートも確保しづらいようです。

映像制作会社は激務?ブラック企業?働き方改革など徹底解説!

ポスプロで働く方のインタビュー記事紹介

デジタル映像制作Webマガジン PRONEWSの特集「映像人ファイル2021」にポストプロダクションで活躍されている方のインタビューが掲載されています!

株式会社ミクシィ 越智純平さんのインタビュー記事です。CMのポストプロダクションからキャリアをスタートされ、その後転職をされた方です。

まとめ

今回は映像制作の仕上げ作業を行うポストプロダクションについて解説しました!興味を持った職種・企業はさらに研究を深めていきましょう!

転職を成功させる方法

映像制作会社へ転職するには、これまでの経歴やスキルをもとに適性を判断して転職サポートを受けれる「転職エージェント」の利用がオススメです!

特に映像業界に精通していて専門的な知識を持っている転職エージェントを利用するようにしましょう!

オススメ転職エージェント

マスメディアン
広告業界で人材育成などを行い60年以上の歴史がある宣伝会議グループの人脈や情報ネットワークを駆使して転職をサポート、業界の専門的な知識を持っていて未経験の方でも安心して利用できます。

マイナビクリエイター
大手人材会社のマイナビが提供するクリエイター向けエージェント、業界トップクラスの保有求人数と高い専門性で映像業界への転職サポートを受けることができます。

doda
パーソルキャリアが提供する大手総合型転職エージェント。求人数が圧倒的に多いことが特徴。転職活動の全てを専門スタッフがきめ細かいフォローをしてくれますよ。