映像制作会社へ転職する方法を徹底解説!

AOI Pro.へ転職するには?中途採用情報・転職難易度・評判・面接書類選考などを徹底解説!

今回は国内三大広告制作会社の1つ、株式会社AOI Pro.へ転職成功を目指す方に向けて求人情報、就職難易度、年収、評判、クチコミ、面接書類選考の対策などを徹底解説していきます!

日本アジアトップの映像制作会社であるアオイプロへ転職して、世界中の人が目にする影響力ある映像を作りたいと考えている人も多いでしょう。この記事ではAOI Pro.への転職に役立つ情報や選考のポイントなどを解説していきます。映像業界を目指したい方やAOI Pro.でキャリアアップを目指す方は、ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね!

オススメ転職エージェント

マスメディアン
広告業界で人材育成などを行い60年以上の歴史がある宣伝会議グループの人脈や情報ネットワークを駆使して転職をサポート、業界の専門的な知識を持っていて未経験の方でも安心して利用できます。

マイナビクリエイター
大手人材会社のマイナビが提供するクリエイター向けエージェント、業界トップクラスの保有求人数と高い専門性で映像業界への転職サポートを受けることができます。

doda
パーソルキャリアが提供する大手総合型転職エージェント。求人数が圧倒的に多いことが特徴。転職活動の全てを専門スタッフがきめ細かいフォローをしてくれますよ。

必ず抑えておくべきAOI Pro.の基本情報

まずはAOI Pro.の基本的な情報について紹介します。株式会社AOI Pro.は1963年に葵プロモーションとして創業、2012年に現在の社名になりました。

基本情報

創業年1963年
AOI TYO Holdings 売上510億8754万4000円 (2020年12月)
AOI Pro.売上187億円 (2020年12月)
従業員数401人 (2020年12月)
代表潮田 一
オフィス東京都中央区銀座8-15-2 銀座COMビル6F/8-10F
東京都港区赤坂4-13-13 赤坂ビル2F
東京都目黒区上目黒1-5-8 クサバナビル
東京都渋谷区猿楽町28-10 モードコスモスビル3F/4F
公式HPホームページ:https://www.aoi-pro.com/jp/
リクルートページ:https://recruit.aoi-pro.com/
AOI Pro.Global ブログ:http://www.aoi-globalblog.com/

2017年には当時業界2位のAOI Pro.と3位のTYOが経営統合を行いAOI TYO Holdingsが発足し、日本アジアでトップレベルの映像制作会社になりました。ホールディングス全体で売上高は約500億円で大手映像制作会社の1社です。

こちらの記事ではさらに詳しくAOI Pro.を徹底解説しているのでぜひチェックしてくださいね。

【2023年】AOI Pro.(アオイプロ)を徹底企業研究!【事業・激務・理念・強み・就活・選考情報】

企業理念

AOI Pro.の企業理念を解説していきます。企業理念には会社が大切にしている考え方や思想が込められていることが多く、今後の経営方針や社風にまで影響するものです。企業理念をしっかりと理解すれば、転職後のイメージが付きやすくなり入社後のミスマッチを防ぐことにも繋がりますよ。

AOI Pro.の企業理念は「AOI MAGIC!映像に、魔法を。」です。映像の可能性を信じて突き進むAOI Pro.の強い想いが表現されています。全文をチェックしていきましょう。

企業理念 | AOI Pro. Inc. より)

特に重要なのは「映像が起こす人々の人生や社会を変えてしまうような奇跡は、一人ひとりの思い込みから始まったりする」など随所に社員の目標や可能性を尊重するような言葉が入っています。

実際にAOI Pro.は社員に大きな裁量を与え、実力が着実に評価される会社だと評判です。AOI Pro.で何を実現したいのか、何が実現できるのかしっかりと考えるようにしましょう。

また、「映像が、この世界に魔法をかける瞬間をひとつでも多く創り出したい。」という想いから、日本国内だけでなく海外での事業展開を積極的に行うなど経営にも企業理念の想いは確実に反映されています。

AOI Pro.の転職難易度

AOI Pro.の転職難易度はとても高いです。誰もが見たことのある有名CMを日本で最も多く制作していて、映画やテレビ番組などあらゆる映像を制作、グローバルビジネスを展開している日本・アジアでトップレベルの映像制作会社として人気が高いです。

BtoBで映像という専門的なビジネスを展開しているので、専門知識やこれまでのキャリアなど求められるスキルも高いです。映像制作会社は日本中に多くありますが、大手というとAOI Pro.を含め数社程度しかないことも難易度が高い理由の1つです。

AOI Pro.が人気の理由

AOI Pro.が人気の理由は、大きく分けて以下の3つです。

・アジアトップレベルの映像制作会社でキャリアアップができる

・ホールディングスの総合力や新規事業・グローバルビジネスへの積極展開も魅力

・大手映像制作会社で安定して働くことができる

アジアトップレベルの映像制作会社でキャリアアップができる

AOI Pro.は日本・アジアトップレベルの映像制作に携わることができる転職先として人気です。人材育成への熱意も高く若手にも積極的に仕事を任せる社風です。映像業界でキャリアアップを考えている方には絶好の環境でしょう。

実際に日本中の人が目にする広告やCMはもちろんのこと、カンヌ国際映画祭やアカデミー賞を受賞した映画作品、全国で放送されているテレビ番組、有名なアイドルや話題のアーティストのMVなど、映像ならどんなものでも携われる可能性があります。

映像制作の仕事を極めたいならAOI Pro.で徹底的に高いクオリティーを追求してキャリアアップに繋げましょう。

ホールディングスの総合力や新規事業・グローバルビジネスへの積極展開も魅力

AOI Pro.は2017年に当時業界3位の株式会社ティー・ワイ・オー(現:株式会社TYO)と経営統合を行い発足したAOI TYO Holdings株式会社の中枢企業です。関連企業には映像制作会社のTYOC3フィルム、広告代理店のxpd、ポストプロダクションのTREE Digital Studioなど、映像に関する様々なソリューションを提供しています。

テレビで放映されるCMの3本に1本はAOI TYO Holdingsが携わっているホールディングス全体の総合力やスケールメリットを活かして、これまで以上に高いクオリティーを実現し、業界での存在感の向上を目指しています。

また、AOI Pro.では広告やCMにとらわれずに様々な事業に挑戦を続けています。例えば、エンタテイメントコンテンツ部で映画やテレビ番組の制作映像スクールコミュニティAOI Film Craft Lab.の運営など、映像を軸に様々な事業に挑戦をしています。2022年にはカリフォルニア州・サンタモニカに合弁会社「Ampersand Inc.」を開設する等、グローバルビジネスも積極的に展開しています。映像の力を信じて突き進みステップアップをしたい方にもピッタリな会社です。

大手映像制作会社で安定して働くことができる

日本に映像関連の会社は数え切れないほどありますが、その中で安定して働くことの出来る会社は多くはありません。その中でもAOI Pro.は日本で最も多くCMを制作している大手映像制作会社として安定感があり、福利厚生制度も充実していて働きやすい会社と言えるでしょう。

【2023年】大手映像制作会社の7社を徹底調査!ヒットCM制作総合ランキングまとめ!【広告制作会社・CM制作会社】

AOI Pro.の中途採用情報

AOI Pro.では映像制作職を中心に中途採用が行われています。他にもキャスティング担当やグローバルビジネス担当などの職種でも採用があります。

プロダクションマネージャー職

AOI Pro.で最も採用の多い職種がプロダクションマネージャーです。映像制作の企画・制作・撮影・編集・納品等すべての工程に携わりマネジメントを行う仕事です。将来的にはプロデューサへの昇進を目指します。

プロダクションマネージャーは映像への興味関心が高く、面接での人柄がAOI Pro.とマッチすれば転職成功の可能性が高いです。20代前半では未経験でもポテンシャル採用で転職できる可能性が高いです。20代後半になると映像業界での実務経験やスキルなどが必要になります。

グローバルビジネスプロデューサー職

AOI Pro.では海外事業拡大のためグローバル人材の採用を加速させています。まずは東南アジア地域で事業拡大を行い現地企業のグループ会社入りも実現しています。最近ではカリフォルニア州・サンタモニカに合弁会社を設立するなど欧米での事業展開も行っています。

採用後2年程度の海外駐在となる可能性もあるので高い英語スキルが必要です。ビジネスでの英語経験を持ち、映像業界でのキャリアプランをお持ちの方は転職成功の可能性も高いでしょう。

アカウントエグゼクティブ職

AOI Pro.のアカウントエグゼクティブ職では広告代理店で3年以上の実務経験がある方を対象に採用が行われています。AOI Pro.が得意分野とする映像に最新のデジタルテクノロジー、マーケティング手法、データ解析などを掛け合わせてクライアントの依頼にワンストップで答える社内で新しいチームの仕事です。

広告代理店から映像業界へ転職を考えている方にとって、日本アジアでトップレベルの映像制作会社で新しい挑戦ができる魅力的な環境になるのではないでしょうか。

非公開求人も多い!

AOI Pro.の採用ポジションのほとんどは映像関係の専門職です。このような専門職は非公開求人も多いので、転職エージェントを使って転職活動を進めるとより多くの求人に出会うことができますよ。

CM Pro 編集長 ことり
CM Pro 編集長 ことり

映像業界への転職を目指す全員にオススメしたい転職エージェントがdodaマイナビクリエイターといった業界最大手エージェントです。映像業界の大手企業も多く掲載されています。

さらに広告業界に特化しているマスメディアンを併用することで、より業界全体を網羅した転職や選考対策ができますよ。

オススメの転職エージェント

doda
パーソルキャリアが提供する大手総合型転職エージェント。求人数が圧倒的に多いことが特徴。転職活動の全てを専門スタッフがきめ細かいフォローをしてくれますよ。

マスメディアン
広告業界で人材育成などを行い60年以上の歴史がある宣伝会議グループの人脈や情報ネットワークを駆使して転職をサポート、業界の専門的な知識を持っていて未経験の方でも安心して利用できます。

マイナビクリエイター
大手人材会社のマイナビが提供するクリエイター向けエージェント、業界トップクラスの保有求人数と高い専門性で映像業界への転職サポートを受けることができます。

AOI Pro.の働き方・待遇

ここからはAOI Pro.の働き方や待遇、福利厚生制度などについてまとめていきます。

AOI Pro.の年収

AOI Pro.の年収は転職求人では450万円〜750万円が相場です。CM PROの調査ではAOI Pro.の平均年収は約510万円です。国税庁の民間給与統計調査によると日本の平均年収は461万円で、平均よりも高い傾向にあります。AOI Pro.ではPM(プロダクションマネージャー)のうちは年功序列に近いグレード制度で評価がされますが、プロデューサーになると年棒制になり売上や利益に応じて年収が決まっていきます。

さらに携わった作品の利益に応じて制作手当としてインセンティブが支給されるので、努力次第で年収も伸ばしていける会社ですよ。

AOI Pro.の福利厚生制度

AOI Pro.は大手映像制作会社の1社で、映像業界の中でも充実した福利厚生制度で働きやすい環境が整っている会社です。AOI Pro.の福利厚生制度は以下のとおりです。

社会保険完備、確定拠出年金制度、財形貯蓄制度、資格取得支援制度、セミナー・スクール受講補助、託児所利用費延長補助、産前産後休暇制度、育児介護休業制度、永年勤続表彰制度、育児短時間勤務制度、慶弔見舞金制度、特別休暇、役職手当、海外支度金、深夜割増手当、休日手当、通勤手当、保養所、部活動、スポーツクラブ法人会員、スポーツクラブ法人会員、プロ野球観戦、映画チケットの精算、リモートワークなど

このように福利厚生制度が充実しているのは日本アジアでトップレベルの映像制作会社AOI Pro.ならではと言えるでしょう。充実した福利厚生で少しでも働きやすい環境を目指しています。

AOI Pro.のクチコミ

AOI Pro.は日本アジアでトップレベルの大手映像制作会社で、新規事業やグローバルビジネスにも積極的で、年次に関係なく大きな裁量が与えられる会社で社員の評判も高いです。一方で、AOI Pro.の働き方や長時間労働に対して不満の声もあります。ポジティブとネガティブの両方のクチコミをチェックして転職の参考にしてくださいね。

ポジティブなクチコミ

AOI Pro.で働かれている方からよく聞くポジティブなクチコミは以下の通りです。

・日本アジアトップの映像制作の仕事に携わることができる
・モチベーションが高く優秀な社員が多い
・裁量が大きくチャレンジできる環境をもらえる

・AOI Pro.でのキャリアは業界内でも一目置かれる

日本アジアトップの映像制作会社で仕事にやりがいを感じているという評判の声が多いです。AOI Pro.はモチベーションが高い優秀な社員が集まり、一人ひとりに大きな裁量が与えられる会社で、映像に没頭して極めることの出来る会社と言えます。AOI Pro.で働いていたという経験は一目置かれるようなキャリアになるでしょう。

ネガティブなクチコミ

一方で、ネガティブなクチコミも多いです。特に多いのは下記の3点です。

・深夜業務や土日勤務で長時間労働が続いていてプライベートがない
・給与を時給換算すると労働時間に見合わない

・結婚や子育てとの両立が難しい

中でも長時間労働に対する評判はよく聞かれます。映像の仕事は時間をかければかけるほどクオリティーが高くなり成果に直結します。日本アジアでトップレベルの映像制作会社のAOI Pro.だからこそ高いクオリティーを求め続け長時間労働となりプライベートまで削られてしまうそうです。また、結婚や子育てとの両立が難しくライフイベントのタイミングでキャリアを再検討される方も多いようです。

AOI Pro.へ転職するためのポイント

AOI Pro.へ転職成功のポイントは4点あります。1つずつ解説していきます!

・AOI Pro.の理念を理解している人

・高いスキルを持っている人

・自分のビジョンやキャリアプランがある人

・映像業界の働き方を理解して覚悟のある人

AOI Pro.の理念を理解している人

転職したい企業の理念を理解して共感することが転職成功へ近づく第一歩です。AOI Pro.の理念を自分なりに理解して共感することで、選考で入社後の活躍や社風・社員とのマッチ度もアピールすることができます。

転職活動では準備することが多く、様々な企業の選考に参加する場合は1社の企業理念に時間を割くことが難しいと感じる方も多いと思います。しかし、企業が求めているのは理念を自分なりに理解して、会社が求めるスキルを持っている人です。AOI Pro.に転職を考えている方は、まず理念について自分なりに考えて理解してみましょう!

高いスキルを持っている人

前職の経験等で高いスキルを持っている人は転職成功の可能性が高いです。日本全国で放送される大規模なCM制作を進めたり、世界中で映像ビジネスを展開したりするためには高いスキルが必要になります。

これまでのキャリアや経験を振り返りAOI Pro.で活かせるスキルをアピールするようにしましょう!アピールできるスキルがあるか不安な方は転職エージェントに相談してみてくださいね!

自分のビジョンやキャリアプランがある人

AOI Pro.の理念に「映像が起こす人々の人生や社会を変えてしまうような奇跡は、一人ひとりの思い込みから始まったりする」という一文があるように社員一人ひとりの目標やビジョンを大切にする会社です。転職をしてどんなビジョンを実現したいのか、どのようなキャリアプランを考えているのかしっかりと伝えられるように準備をしましょう。

映像業界の働き方を理解して覚悟のある人

映像業界は忙しい仕事です。早朝出勤、深夜勤務、休日出勤、残業、徹夜で長時間労働になりがちです。プライベートの時間は少なくなるかもしれません。それでも映像業界で働いて最高の映像を作り、自分のビジョンを実現する、そんな覚悟を持ちましょう。

転職を成功させる方法

映像制作会社へ転職するには、これまでの経歴やスキルをもとに適性を判断して転職サポートを受けれる「転職エージェント」の利用がオススメです!

特に映像業界に精通していて専門的な知識を持っている転職エージェントを利用するようにしましょう!

オススメ転職エージェント

マスメディアン
広告業界で人材育成などを行い60年以上の歴史がある宣伝会議グループの人脈や情報ネットワークを駆使して転職をサポート、業界の専門的な知識を持っていて未経験の方でも安心して利用できます。

マイナビクリエイター
大手人材会社のマイナビが提供するクリエイター向けエージェント、業界トップクラスの保有求人数と高い専門性で映像業界への転職サポートを受けることができます。

doda
パーソルキャリアが提供する大手総合型転職エージェント。求人数が圧倒的に多いことが特徴。転職活動の全てを専門スタッフがきめ細かいフォローをしてくれますよ。