映像制作会社へ転職する方法を徹底解説!

ホワイト企業な映像制作会社について徹底調査!【2023年】

CM制作や映像制作会社は寝れない・帰れない・やばいと激務でブラック企業だという噂を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。転職や就活を考えている方の中にはホワイト企業な制作会社を探しているという人も多いと思います。

そこで、今回は映像制作会社は本当にブラック企業なのか実態を調査しました。ホワイト企業な映像制作会社や制作会社の働き方が気になっている人は是非参考にしてくださいね。

オススメ転職エージェント

マスメディアン
広告業界で人材育成などを行い60年以上の歴史がある宣伝会議グループの人脈や情報ネットワークを駆使して転職をサポート、業界の専門的な知識を持っていて未経験の方でも安心して利用できます。

マイナビクリエイター
大手人材会社のマイナビが提供するクリエイター向けエージェント、業界トップクラスの保有求人数と高い専門性で映像業界への転職サポートを受けることができます。

doda
パーソルキャリアが提供する大手総合型転職エージェント。求人数が圧倒的に多いことが特徴。転職活動の全てを専門スタッフがきめ細かいフォローをしてくれますよ。

映像制作会社は激務。ホワイトとは程遠い。

結論、映像制作会社の仕事は激務と言われることが多くホワイト企業とは程遠いです。広告映像制作会社が激務と言われる理由を確認していきましょう。

映像制作会社が激務と言われる理由

・労働時間が長い

・深夜や早朝勤務・徹夜になることもある

・土日の予定は組めない

・労働時間の割に給与が安いことが多い

労働時間が長い

映像を作るということは時間のかかる作業です。さらに映像制作の仕事は時間をかけてこだわればこだわるほど良い作品に近づく仕事です。より高いクオリティーを求めると長い時間かかってしまいます。

その結果、撮影前日は深夜まで準備をして、当日は早朝に集合して翌日まで徹夜になることも少なくありません。また、近年は映像の需要が急拡大していて慢性的な人手不足も労働時間が長くなっている理由の1つです。

映像制作会社の労働時間が長い理由

・限られたスケジュール内で高いクオリティーを追求するため

・慢性的な人手不足状態でキャパオーバー状態

・広告代理店やクライアントからの連絡が深夜になることもある

・そもそもスケジュールがきつい

このような理由から、残業が深夜まで続くことも徹夜が続き、休日返上で働くことも多いです。映像業界を目指すなら家に帰れないことを覚悟して、どこでも寝れる体質になりましょう。

映像制作業界の現状・課題を徹底解説!【働き方改革・長時間労働】

労働時間の割に給与が安いことも多い

華やかなイメージを持たれることの多い映像制作会社ですが、労働時間の割に給与が安いことも多いことも激務でキツイと言われる理由になっています。

映像制作会社の新卒初任給を例にしてみると平均は約23万円で高い水準となっていますが、固定残業代制度で45時間分の残業代が含まれている事が多く、実際の基本給は平均約18万円となっています。

しかし、将来的にプロデューサーとなり映像のプロフェッショナルとしてキャリアを伸ばしていけば、年収が跳ね上がることも多いので若いうちは下積み期間と覚悟を決めましょう。

広告制作会社・映像制作会社の給与・年収・初任給を徹底調査!

特にPMがヤバいと言われる理由

映像制作会社の中でも特にプロダクションマネージャーは忙しくてヤバいと言われています。ここからはその理由についてチェックしていきましょう。

PMがヤバいと言われる理由

・制作の全てに関わる仕事で業務量が多い

・案件を複数掛け持ちする

・連絡待ちの時間も多い

プロダクションマネージャー(PM)とは徹底解説!広告映像制作のPMの仕事内容・就活・激務情報まとめ!

制作の全てに関わる仕事

プロダクションマネージャーはテレビ業界のADと近い仕事です。映像制作の企画、準備、撮影、編集、納品まで全てに携わります。華やかに見える裏には連絡、資料作成、ロケハン、弁当発注、小道具発注など細かい雑務も大量にあります。

1人では成立しない仕事だからこそ、制作全体を支えるPMの業務量は多くなってしまうことが多いです。業界の下積み期間として頑張りましょう。

案件を複数掛け持ちする

映像制作会社のPMは複数案件を掛け持ちして同時進行で動かしていることが多いです。映像の需要が高まり案件は増えていますが、制作予算は減少傾向にあり、人手不足なのに案件は増え続けるという状態が続いています。

ただでさえ、業務量の多いPM。複数案件の掛け持ちでさらに多忙を極めています。

連絡待ちの時間も多い

PMは制作現場のすべての人と関わる仕事です。なかには連絡がなかなか付かない人がいたり、多忙なディレクターやプロデューサーの判断待ちになったり、広告代理店やクライアントの確認待ちになったりすることもあります。

自分だけではどうにもできないことが原因でストップしてしまい、労働時間が長くなってしまうということも多いです。

プロダクションマネージャー(PM)とは徹底解説!広告映像制作のPMの仕事内容・就活・激務情報まとめ!

それでも、広告映像制作会社には夢がある

それでも、映像制作の仕事はとても夢のある素敵な仕事です。自分が全力で作った映像が人々のもとに届き心動かす瞬間に立ち会える辛いことも多いけれど喜びや達成感すごく大きい仕事です。

映像制作会社は激務?ブラック企業?働き方改革など徹底解説!

事前にしっかりリサーチをして納得内定を目指そう!

映像制作会社ほど合う合わないがハッキリとしている仕事は多くありません。入社後にギャップを感じて早期退職とならないようにしっかりと現状を理解して覚悟を決めて選考に参加するようにしましょう。

人によっては働きやすいこともある

映像制作会社は決まった時間に出社したり、オフィスで1日座っていたりというようないわゆる普通に働き方をしない仕事です。フレックス自分の生活やライフスタイルと仕事量をうまく調節することができれば、好きを仕事にできる最高の環境にもなりますよ。

働きやすい環境の制作会社もある

最近では働きやすい環境を整えている映像制作会社も多くなっています。大手映像制作会社や広告代理店グループの制作会社ではかなり休みも取りやすくなってきているようです。

一方で、大きい制作会社では常に案件を抱えている状態で、1人で複数案件を担当することも多いです。そこで、中堅規模の制作会社では抱えている案件が多くないので1つ案件が落ち着けば休みやすいということもあるようです。

自分のこれまでの経験やキャリアをもとに働きやすい会社を探していきましょう。会社探しにはキャリアのプロに相談することがオススメです。マスメディアンマイナビクリエイターを使えば面談を通してピッタリの会社を教えてもらえますよ。

CM制作が得意な広告制作・映像制作会社84社まとめランキング【売り上げ・徹底比較】

バックオフィスという選択肢もある

映像制作会社でクリエイティビティ溢れる職場で仕事をしたいが、制作部やプロダクションマネージャーの働き方には不安を感じている方にはバックオフィスという選択肢もあります。

直接映像制作に携わることはありませんが、後方支援の部隊として経理・人事・総務・広報などで会社の経営を支える仕事です。制作部と比較すると定常業務が多い分労働時間も長くなく働きやすい環境なことが多いです。

バックオフィスはどの会社にも必ずある仕事で映像制作会社でも定期的に採用が行われています。しかし、採用数はあまり多くありません。

そこで、クリエイティブ業界の転職のプロであるマスメディアンマイナビクリエイターで徹底的に対策をしてもらうようにしましょう。また、求人が見つからなくてもマスメディアンマイナビクリエイターdoda限定の非公開求人があることも多いので諦めず相談することがおすすめです。

転職を成功させる方法

映像制作会社へ転職するには、これまでの経歴やスキルをもとに適性を判断して転職サポートを受けれる「転職エージェント」の利用がオススメです!

特に映像業界に精通していて専門的な知識を持っている転職エージェントを利用するようにしましょう!

オススメ転職エージェント

マスメディアン
広告業界で人材育成などを行い60年以上の歴史がある宣伝会議グループの人脈や情報ネットワークを駆使して転職をサポート、業界の専門的な知識を持っていて未経験の方でも安心して利用できます。

マイナビクリエイター
大手人材会社のマイナビが提供するクリエイター向けエージェント、業界トップクラスの保有求人数と高い専門性で映像業界への転職サポートを受けることができます。

doda
パーソルキャリアが提供する大手総合型転職エージェント。求人数が圧倒的に多いことが特徴。転職活動の全てを専門スタッフがきめ細かいフォローをしてくれますよ。